山形の食を、想いを、心を届ける

山形ミートランドとは?

牛舎の様子

山形牛の美味しさを全国、
そして世界へ。

はじめまして。
株式会社山形ミートランド、代表取締役の大沼幸仁です。
この度は、当社にご興味をお持ちいただきまして誠にありがとうございます。

1996年、山形ミートランドを「山形牛の美味しさを広めたい、伝えたい」という強い想いで創業しました。
山形牛は、夏暑く、冬は芯まで冷え込む寒暖の差が厳しい山形の地の肥育農家さんに育まれた和牛です。そのお肉は、美しい霜降りと赤ワインのような深く鮮やかな色合い、艶、そして甘く溶けるような脂を持ってます。

このような、肥育農家さんが一生懸命育んだ山形牛を、地元はもとより日本全国の方に知ってもらい、食べていただく機会を増やしたいという一念で取り組んできました。

株式会社山形ミートランド代表取締役大沼幸仁

山形ミートランド
代表取締役社長

大沼 幸仁

山形牛の枝肉をセリで見極めて買い付け、地元の山形はもちろんですが、首都圏の著名な焼肉屋さんや百貨店などにもお届けする卸売事業を開始。その後、衛生技術に高いレベルを求められる山形牛ユッケの開発、山形牛専門の焼肉店「焼肉名匠 山牛」の出店、もち米肥育の山形牛を育てる牛舎「ドリームファーム」の設立、直販ホームページ「さがえ精肉」公開と事業領域を広げてまいりました。

山形ミートランド設立当初に描いていた「卸売業として山形牛をお客様へお届けする」だけではなく、理想の山形牛を育て、実際に食べていただくところまで全てを手がけたいという夢が叶いつつあります。(私達は、川上から川下まで全て提供する、と表現しています。)

今後の展開としては、高いレベルの安心・安全で食を提供できる食品加工技術を更に高めながら、当社独自で開発した魅力的な商品を増やしていきたいと考えています。
海外への取引も強化したいと考えています。少し取引も始まっていますが、もっと山形牛をはじめ和牛の美味しさを知ってもらいたいと考えているので、卸売だけではなく焼肉店の出店も視野に入れつつ検討をしている段階です。

山形ミートランド
加工・開発・企画提案 加工・開発・企画提案
卸・企画営業 卸・企画営業
畜産・農業 畜産・農業
直営焼肉店山牛 直営焼肉店
山牛
総務・管理 総務・管理

山形から世界へ

山形牛・そして和牛の美味しさを広めるべく、世界に向けての事業展開も開始しました。

現在、食肉業界では環太平洋連携協定(TPP)や少子高齢化の影響でグローバル化が進んでおり、当社でも山形牛や和牛の美味しさを海外の方にも広めるべく、台湾への輸出を始めております。

品質が高く安全管理の徹底された日本の牛肉は海外でも人気があり、特に高級肉である「和牛」は年々その人気が高まっています。

当社では既に、香港やタイなど台湾以外の国への輸出や、現地での加工品作りも視野に入ってきています。
山形牛の美味しさをここ山形から、世界に向けて広く発信していきたいと考えています。

山形から世界へ

安心・安全へのこだわり

安心・安全へのこだわり

当社では今日の衛生管理の基本となっているHACCPをいち早く導入。
品質や材料など加工過程全ての安全性が評価される有機JAS認定も受けています。
現在はISO22000取得に向けて社内の管理体制をさらに整備し、今よりもっと安全な商品を提供すべく取り組んでいるところです。

また厚生労働省による新基準設定後、生食加工の認定を日本で初めて取得いたしました。この基準は肉塊の殺菌や温度管理、細菌・微生物検査など、徹底した衛生管理が求められる大変厳しいものです。
現在でも国内に5社しかない生食加工認定工場の1つとして、山形牛の生食用のお肉を加工しています。

これから先もお客様から信頼され続けるよう、努力を惜しまず取り組んでいきたいと考えています。

肥育農家さんとのパートナーシップを
大事にしています。

私は農家の長男として生まれました。そして2013年には農業生産法人ドリームファームを設立、心をこめて山形牛を育てています。
そんな中で、生き物を育てるというのは、命をはぐくむということなんだなぁ、と当たり前のことに気づかされます。

365日、暑い日も寒い日も、ずっと世話をし続ける必要があります。時には病気になる時もあります。そうしたら看病しなくてはいけません。
美味しいお肉をつくりたいという信念の元、勤勉に美味しいお肉を作っている肥育農家さんに対して、強い賞賛の気持ちを持っています。

このような考えは、食肉卸である山形ミートランドを創業する時にも強く意識しました。
だから肥育農家さんとのパートナーシップを大事にしています。そして、もっと肥育農家さんのために何かできることはないか?

そのように考えて、山形牛専門焼肉店「山牛」では、肥育農家さんに主人公になってもらうために取り組んでいることがあります。
その日にお出ししている山形牛を育てた肥育農家のお名前をお知らせしているのです。

店舗写真

ほんのささやかなことですが、
・「この前、おまえんとこの肉、すごいおいしかったよ!」と言われてすごく嬉しかった。
・「自分の育てた牛の肉がお店に出る日を楽しみに待てるようになった」
と、肥育農家さんからもご好評をいただいています。

普段自分の作ったお肉の感想を聞く機会は全くない肥育農家さんに、お客様からの喜びの声を直接伝えられる機会を設けたかったのです。

これからも、私達が肥育農家さんにできることを常に考え、実現していきたいと考えています。

山形発信で、日本全国そして
世界の「食」に貢献していきませんか?

食を通して、肥育農家さんにも、飲食店の方にも、一般のお客様にも関わることで、小さな喜びを積み重ねる事ができる会社にしていきたいと考えています。
実際に、山形牛の肥育からお客様へ美味しく食べてもらうところまで、全て当社で行うことが可能な体制になりつつあります。

食品加工から飲食、製品開発、販路開拓など様々なポジションの方を募集しております。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度お会いしましょう!

牛舎写真

MEATLAND RECRUIT 2021

山形の食を、想いを、心を届ける

採用情報 エントリーはこちら