山形の食を、想いを、心を届ける
畜産農業部門の作業風景

農業未経験からの挑戦。
日々の積み重ねが
美味しいを作る

畜産農業部門 責任者 中途入社 7年目 T.SUZUKI

CAREER PASS

2012年 中途入社 中途でミートランドに入社。
1ヶ月後 畜産農業部門配属 さくらんぼ、ぶどう、米の栽培を担当する。
5年後 畜産農業部門責任者 果樹や野菜のほか、牛の肥育を担当。
T.SUZUKI

INTERVIEW

  三年前、念願だった
          牛の肥育担当に

ドリームファームとの出会いは、知り合いの紹介がきっかけでしたね。

その時は山形県の食肉公社で働いてたのですが、肥育農家の知り合いが「大沼社長が人材を探してるぞ」ということで、私を繋いでくれたんです。食肉公社では大沼社長が競っている姿、チャンピオン牛を買う姿を「かっこいいなあ〜」と思いながら見ていたので、ミートランドは憧れの存在でしたね。
なので、初めて大沼社長から電話をいただいた時は手が震えました(笑)

農業の経験は全くなかったのですが、不思議と不安はなく、むしろ「おもしろそうだ!」という気持ちが勝って、入社を決めました。入社してからは実際に作業をしながら、農業について学んでいきました。
学ぶこと全部が新鮮で、「おもしろそうだ!」と思った気持ちは間違っていなかったなと思いましたね。

インタビュー風景
説明する様子

今は果物やお米、野菜の栽培をしながら、牛の肥育も任せてもらっています。
食肉公社で牛を間近で見ていたこともあって、実は入社した時から「牛を育てたい!」という思いがありました。任せてもらったのが3年前だったのですが、その時はかなり嬉しかったですね。

牛舎の様子

当たり前ですが、牛も生き物です。人間と同じで、みんな性格も違うし、食べる量、人なつっこさも違うし、天気や環境によって日々体調も違うんですよね。あと牛ってすごくデリケートなんですよ。ちょっとしたエサの量で肉の味が変わってしまうのですが、その塩梅は経験で推し量っていくしかありません。日々勉強ですね。

牛の身体も環境も日々変化していく中で、観察し、やるべきことを考えて、行動することに面白さを感じています。

牛に餌をやっている様子

仕事をしていて
  楽しいと感じる瞬間は?

『理想の牛』を育てられた時

肥育牛には『理想の形』ってものがあるんです。
どんな形かというと、肩からお尻まで全身にまんべんなくお肉が付いている、寸胴のような形です。そんな理想の牛を育てられた時は楽しいなぁと思いますね。

牛の身体というのは日々の積み重ねです。牛の行動を細かく観察して餌の種類や量を調節しないと、なかなかいい形にはならないんです。

日々の努力の成果なので、理想の牛を育て上げられた時はとても嬉しいですね。

陽射しや風を感じながら、仕事をしている時

農業は自然の中での仕事です。陽射しや風、季節の変化を感じながら仕事をしていると「楽しい仕事だなぁ〜」としみじみ思いますね。

私は飲み物を製造する工場で働いていたこともあるのですが、自然の中で働く充足感というのはその工場では絶対に感じることのできないものでした。

自分にはこの仕事が合っていたんだな、この仕事に就いてよかったなと思っています。

インタビュー風景 牛舎の作業風景

仕事の厳しさを
   感じる瞬間は?

自然が相手なので一筋縄ではいかない

やはり自然や動物が相手なので、それに合わせなければいけないところですね。

今日までにやっておくべきことがあれば、たとえ雨が降ってもやらなければいけません。
1日の仕事が終わって「さあ帰るぞ」という時でも、牛が体調を崩したらそれに付き添って、介抱をしたり、獣医を呼んだり、対応をしなければいけません。
そういえば、牛舎から牛が脱走して帰れない、なんてこともありましたね(笑)

本当にいつ何が起こるかわからないのですが、それに対応する必要がありますし、柔軟さも必要です。

自然が相手なので一筋縄ではいかないこともありますが、そこが面白いところです。

今後の目標は
   ありますか?

名前で買ってもらえるようなブランド牛を

名前で買ってもらえるようなブランド牛を育てていきたいですね。
山形には山形牛や米沢牛という日本を代表するブランド牛がありますが、それらに負けないくらい美味しい牛を育てて、ブランドにしたいです。

ドリームファームは他の牛舎さんに比べて、1人が担当する牛の数が少ないんです。なので、牛の顔で見分けがつきますし、体調も1頭ごとに、その日だけではなく数日〜数週間という流れで細かく把握することができます。

このような私たちの強みを生かして「ドリームファームの、あのお肉が食べたい!」とたくさんの人に思ってもらえるような牛を育てていきたいですね。

牛を観察する様子 農園の作業風景

当社にご興味いただき
   就職をお考えの方へ

社員からのメッセージ
MESSAGE

山形ミートランドグループはやりたいことをちゃんと聞いてくれる会社です。
何かをゼロから作り上げるチャンスがたくさんありますし、たとえ未経験でも向上心や成長したいという気持ちがあれば、それに応えてくれる度量がありますね。

なので、色々なことをしてみたい人、ゼロから作り上げることを楽しいと思える人にはぴったりな会社だと思います。

あとはやっぱり自然を相手にする仕事なので、自然や動物が好きな人、美味しいものを作りたい!という方はぜひ来て欲しいですね。

休日の写真

HOLIDAY

風呂上がりに飲むビールが毎日の楽しみですね。
日中に自然の中で働いて汗を流して、それから飲むビールは最高においしいですよ(笑)

休日はゆっくり体を休めることが多いです。
何の仕事であってもそうですが、農業は特に体が資本なので。体調を崩したら仕事ができなくなるので、意識して管理しています。

MEATLAND RECRUIT 2021

山形の食を、想いを、心を届ける

採用情報 エントリーはこちら